ウガンダ ルコメラ小学校


by departure1212

休日と 私と子どもたち

土曜日、日曜日は学校がお休みです。でも寮のどもたちは家に帰らないので、朝から子どもたちの走る音や歓声が聞こえてきます。寮の子どもたちは、聴覚障害の子どもたちがほとんどです。

 土曜日は、午前中、子どもたちと一緒に実のなる木を探しに散歩に出かけました。というのも、子どもたちはよくおいしそうな果物をほおばっているところを見かけていたので、「私も食べたいな~」と常々思っていて「実のなる木を教えて」とお願いして連れてってもらいました。
 学校周辺にはいつくかマンゴーの木がなっていて、子どもたちは、石を投げて実を落としてくれました。でも熟れている実は一つもなく、もう少し奥のほうを捜しに行きました。

 途中、近所に住む中学生の男の子兄弟に会い、彼らに相談すると案内してくれました。そこには大きなマンゴーの木が!!弟くんが勢いよくその木に登ったかと思うと、木をゆすってたくさんのマンゴーの実を落としてくれました。お兄ちゃんは、「あいつはサルみたいに木登りが上手だろ!」と言っていました。子どもたちは歓声を上げそれらを拾い集めました。
 ちなみにお兄ちゃんに「このマンゴーの木は誰のものなの?」と聞くと「みんなのものだよ」と。「そうなんだ~」と遠慮なくいただきました。
 みんな満足顔で寮に持ち帰り、みんなで分けました。
 私ももらいましたが、とっても香りがよく甘かったです。きっと宮崎産の1個3万円もする「太陽の卵」に負けないくらいだと思います!!

 その日の昼、面白い光景を見ました。
 男の子たちがクワを使って土山を掘って、その土を1輪車で運んで、道の凹を埋めているのです。
 「もしかして!」と思い、近くの寮母さんに尋ねると「あの道は自転車やバイクが通るから、通りやすく道をならしているんだよ」と。すかさず「誰かが頼んだの?」と聞くと、「彼らが考えてしていることだよ!」とあっさり。
 感銘を受けた私は、彼らのお手伝いを少ししました。小さな体でクワを上手に操る子ども、土をいっぱい乗せた1輪車を前から一人紐で引っ張り、後ろから力いっぱい押す2人組。帰りは、交代で空になった1輪車に乗って遊んでいる彼らを見ていると、不思議と心が満たされるのです。

 道具もあることだし、私はその勢いで、「ミニ ファーム」づくりに取り掛かりました。一応同僚の先生に許可をもらい、自分の家と子どもたちの寮の真ん中あたりをクワで耕し始めました。
 子どもたちもなんだか分からないけど、助けてやろうと寄ってきて、耕してくれました。最初は私が何をしようとしているのか分からなかった子供たちも、土を耕し、四角にブロックを置いていくとそれが畑だということがわかったようで、率先して草ぬきをしてくれましたのは驚きでした。その後、うねを作り、日本から持ってきた種を見せると、子どもたちは大興奮!!どれを植えるかもめるほどで、最終的に私が植えたかった大根と子どもたちが選んだきゅうりとキャベツを植えることにしました。
 最初は、それぞれが好きに植えようとしていましたが、「ちょっと待って!」と私がお手本(?)を見せるとほとんどの子が忠実に種を4つずつ数えて植えてってくれました。

最後に私は水やりをしようとしたのですが・・・ここにはジョウロというものがなく、あるのはジェリカンぐらいで、「これで水をやると、せっかく丁寧に植えた種がまた出てきてしまう・・・」と悩んでいました。それを見ていた子どもの一人が、ジェリカンの口を適度に手で押さえ、リズミカルにジェリカンを振って水やりをやって見せてくれたのです!他の子たちも、ペットボトルに水を汲んできてその方法で水をやったり、桶の水を手のひらですくって、パシャパシャと優しくかけたりしてくれました。
子どもたちは、私以上に生きる術を知っている・・・と直観しました。
 その後は、畑の周りを子どもたちが囲み、「ここから大きな丸いキャベツができるんだよ」とか、歯を指差し、「ここからは白い野菜ができるんだ」などと楽しげに話して聞かせてくれました。
 そこには音はほとんどありませんが、無音の喜びの声であふれていました。

 明くる日、水やりをしようと畑を見るとすでに水がまかれていました。
 毎日、子どもたちに驚かされている私です。

 日曜日、私は朝8時に、学校の目の前にあるバス停からバスに乗りカンパラに行きました。というのも、日本を発つ前に送った荷物の半分がまだ届いていないため、カンパラの郵便局に問い合わせようと思ったからです。
 でも心なしかルコメラを離れるのは嫌でした。ルコメラに赴任して最初の外出だったので、留守中、家に何か起こらないか心配だったからです。
 結局、郵便局は日曜日が休みで・・・まだ買っていなかった毛布と枕など日用品を買って6時にルコメラに帰ってきました。
 「私の家は大丈夫か」と急ぎ足で玄関に行くと、そこにはなんと・・・・・・・・!!

 敷き詰められた毛布と数個のレンガと1つのボールと笑顔の子どもたちが!!
とっさに「どうしたの」と聞くと昼寝のポーズをして応えてくれました。
 私はその時、子どもたちは、私が朝から外出していることに気づいて私が帰ってくるまで家を守ってくれていたことを察しました。

毎日、私は子どもたちから驚きと愛をもらっている気がしてなりません。
[PR]
# by departure1212 | 2009-07-14 01:06

ルコメラ小学校に赴任

とうとう活動地であるルコメラ小学校に赴任しました。7月8日、調整員の方と同じルウェロ県で活動するボランティアと一緒にそれぞれの赴任学校にあいさつに行きました。
校長先生が700名程度の全校児童を集めてくれて、自己紹介をしました。その後、担当する障害児クラスの子どもたちが手話での歌とダンスを披露してくれました。
障害のある子どもたちのダンスをくぎ付けで他の子どもたちが興味深く観ている光景はとても温かく楽しい雰囲気に包まれていました。音のない歌を鑑賞した時は、その歌の美しさのあまり涙が出てしまいました。子どもたちの顔の表情や手の動き・・・手話とは、言葉にも勝る感情表現の一つだということに初めて気づくことができました。
その後、ルコメラ学校を後にして、教育委員会や地域の小学校2校にもあいさつに行きました。1校は、ルコメラ小学校と同じように聴覚障害児教育に力を置いている学校で、もう一つは私立学校でした。私立学校は、建物は掘っ立て小屋、または青空教室に近い感じのイメージを受けました。その中に子どもたちがたくさんいて、突然の訪問者に子どもたちはとても驚いていました。
どちらもボランティアを要請希望を出している学校なようで、学校をまたいで交流をしてほしいと依頼されました。

赴任した1日目がハードスケジュールだったためか今までの疲れが出たのか、その日の夜に熱が出てしまいました。知らない土地での初めての夜に体調を壊すなんて・・・とても心さみしかったです。
次の日は学校を休み、休養を取りました。朝子どもたちが、家にきて、私がジェスチャーで「今日は家で休むよ」と言うと、「なぜだ!!先生は、学校に行って、僕たちに勉強を教えないと」と手話で必死に伝えてきました。私が「熱があるんだ・・・」と身振りで伝えると「OK」と言って気を使ってみんな去っていきました。手話を習得していないのに、なんとなくでも子どもたちと心通じることができるのは、とても不思議です。
ある男の子がお見舞いにこんなものを持ってきてくれました。ジャックフルーツという果物。とてもおいしかったです!!
f0204733_12102446.jpg

3日目、元気になったので学校に行くことができました。行ったら、朝から子どもが帰るまで手話の指導員の方から手話のレッスンを受けました。
私が受け持つクラスは、障害児クラスで、生徒数は20人ほど。知的障害、肢体不自由、聴覚障害と様々だが、圧倒的に聴覚障害の子どもが多い。
先生は、サラ、手話の指導員がベティとピース、そして私である。今は4人と手厚いが、私が手話をある程度理解したら、指導員の方は常時はいないだろう・・・

学校の周辺に地図を書きました。説明はおいおい・・
f0204733_1285771.jpg

[PR]
# by departure1212 | 2009-07-12 12:54

THE ネリカ米

2時間バスに揺られ、農業試験場でネリカ米の研修を受けました。道中は、舗装されていない道路のため、目の前は赤土の土ぼこりがモクモクと立ち、窓を閉めたバスの中にさえもなぜか土埃が容赦なく入り込み、息ができない状態で・・・マスクを3重にしていた私は、酸欠状態で、もうろうとしながら「すごいとこにきてしまったな・・・」と自分の人生について考えるほどでした。(笑)
農園につくと、そこは稲畑が広がり、すがすがしい空気で生き返りました。
早速、ネリカ米とは何かについて講義を受けました。

ネリカ米とは、アフリカに米を普及させようと開発された品種のもので、JICAプロジェクトとして開発が進んでいるものです。というのも、アフリカの主食は、イモ、豆、キャッサバ、バナナではコメ文化は根づいておらず、お米は高級品として扱われています。ウガンダの人々の生活、収入の向上のために稲作の指導活動がおこなわれている。私たちと同じ時に、研修に来ていたウガンダの農家の方もいて、ここから多くの農家の方々がネリカ米の育て方を学び、育って行っているのだろうと感じました。

ネリカ米の特徴について・・・
・水田でなく、畑で育つことができる。(水田、低湿地でも栽培可能。水があれば、庭先やバケツなどどこでも育つ。)
・アフリカ米とアジア米を掛け合わせている品種なので、アフリカの土地で栽培しやすく、味も比較的良い。
・生育日数が短い。(ほかの品種に比べ1か月以上短縮できる)
f0204733_14545514.jpg

ネリカ米の花を見ることができました。稲をこんなにじっくり見たのは初めてなようが気がします。
面白い話を聞きました。
稲の花は、パカッと咲いて、受粉が終わるとまた閉じて、それが少しずつ固くなり、実になるそうです。
なるほど~!!
f0204733_1456430.jpg

種まき、稲刈り、脱穀をさせてもらいました。コメ文化で育った私なのに、どれも初めての経験でした。
f0204733_14571499.jpg

これが脱穀機です。まだこのような道具は普及していないので、地域の農家さんたちは、叩いて脱穀していると聞きました。脱穀を教えてくれているのが、「Mr ネリカ先生」こと坪井専門家です。ネリカ先生は、「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれたスペシャリストです。
f0204733_14581570.jpg

最後は、脱穀し終わった稲で、縄を編み、大縄跳びをつくって、子どもたちと遊びました。
稲アレルギーの私は、目や鼻をむずむずさせながら、1日楽しくがんばりました。
お土産に、ネリカ米(種)をもらいました。学校で子どもたちと育てようと思っています。
もし日本の学校で育てたい方がいらっしゃったら、ご連絡ください。今日は七夕ですね。日本の学校の子どもたちはどんなお願いごとをしたのかな~
[PR]
# by departure1212 | 2009-07-07 14:42
カンパラから南西に40キロにあるムパンガにある森林保護区に行きました。そこでフォレストウォーキングをしました。

ウガンダにはNFA(National Forest Authority)の管轄する500ぐらいの森林保護区があり、その内の8つがムパンガのようにフォレストをーキングができるそうです。

ガイドさんが、ムパンガの森林についてお話してくれました。
ムパンガには「fig(フィグ)」と呼ばれるイチジク科の木が多かったです。その木は、仮根と呼ばれる地上にむき出しに伸びた根っこが特徴です。樹齢100年ぐらいの大きな木にコケがたくさん育っていて、マイナスイオンたっぷり。
f0204733_4103278.jpg


木々を一つ一つ見ていくのはとても楽しい。
大きな木に別の植物が寄生して、共生しているものや、大きな木に蛇のように別の木が巻きついて元の木を殺して大きくなる木など。
見たこともない生物にも会いました。写真にある黒い丸まったものは、大きなムカデ・・・サルもたくさんいると聞きましたが、私は見ることができませんでした。
f0204733_412744.jpg


保護区は基本、自然のなるがままを維持している場所。その保護区の木々を地域の人たちは、マキや家具の木材を得るために伐採することもあり困っていると言っていました。

排気ガスに囲まれたカンパラを離れ、久しぶりに自然の中で深呼吸ができて、生き返る思いがしました。

フォレストウォキングの後に、地域の奥様(ニャボ)にクラフトを教えてもらいました。バナナリーフと色鮮やかに染められたラフティを編み上げてキーフォルダーにしました。ニャボはとっても優しく教えてくれ、隣に座ってゆったりとモノを作る時間はとても心地よかったです。
f0204733_4202657.jpg

その後は、ウガンダダンスを鑑賞しました。子どもたちがとってもかわいかったです。ウガンダの人たちはダンス好き音楽好きと聞いていましたが、子供たちのリズム感や腰の振り方を見ていたら「なるほど」という感じでした。
1番目立っていたのは、ファンキーなおばあちゃんのダンスでした。
f0204733_4132016.jpg

[PR]
# by departure1212 | 2009-07-05 05:11

ウガンダ産業

今日は、ウガンダのシャツブランド「フェニックス」の工場の見学に行きました。この会社は日本人が立ち上げた会社で、まれに見るウガンダの産業の成功例と聞いていました。それまでウガンダの産業と言えば、サトウキビやコーヒーぐらいしかなかったそうです。

今の社長が、50年前に世界各地を渡り歩いた結果、ウガンダに市場を開拓したそうです。50年前のウガンダはその当時日本に普及してなかった水洗トイレがあったりと、日本よりも発展していたそうです。

フェニックスはオーガニックコットンをはじめ、環境と人間にやさしい材料を徹底して使っていて、世界の評判もよく、輸出産業として力をつけてきたそうです。しかし今も続く世界的な不況で、輸出業から国内業に移らざる負えない厳しい状況だと社長さんから聞きました。

工場内の見学は、とても興味深かったです。
遠足などで工場見学に行ったことがありますが、立派な機材や清潔感な空間を見ると日本に負けて劣らないと感じました。

この工場の労働者の勤務時間は8時間、月給50ドル、日本円で5千円と聞きました。
カンパラの物価を考えると・・・厳しいな・・・と正直思いました。

帰りに、工場外のショップで花柄のかわいいシャツを1枚買いました。値段は15000シリング、日本円で750円。
早速帰ってきてみたところ、リボンの先がほつれていました・・・残念・・・生地の手触りはとてもいいので、手直しして長く使いたいと思っています。
f0204733_3551141.jpg

f0204733_3574254.jpg

[PR]
# by departure1212 | 2009-07-04 04:44