ウガンダ ルコメラ小学校


by departure1212

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

✿JAPAN✿UGANDA✿

ホリデーに入る前に風の心地よい日曜日がありました。
「今日は絶好の日だ★」と慌てて家に帰り、子どもたちを呼んで何をしたかというと・・・★

f0204733_12473517.jpg

日本の連だこをあげました!!
この連だこは 去年まで勤務していた大阪府交野支援学校学校の中学部3年生の子どもたちが作ったもので、お別れの際に「ウガンダの空に私たちの連だこを★」と譲ってもらった思い出の品なのです!!
6月末に船便で送り 3ヶ月以上海を渡ってやっと11月にウガンダの地で再会することができたのです。

ウガンダの人はKITEの存在は知っている人は多いのですが それを持っている人や連ダコの存在を知っている人は数少ないように思います。

寮の子どもたちと協力して連だこをあげていると いつの間にやら、町じゅうの子どもたちが集まってきて みんなで交替でたこ紐を持ち、楽しむことができました★

教会に行く時間が来たのも知らずあげていたもので 途中寮母さんに止められましたが(笑)
まだ英語の話せない小さな子どもたちもみんな 「Thank You]と笑顔で 教会に散っていきました。

「ウガンダの空に交野の連たこをあげることができたよ~!!」
私にとってとても大切な役目に思っていたので 1つ目標が達成できて幸せな1日でした♪♪

同じころ 日本からこんな素敵な写真がメールで届きました❤
f0204733_12491488.jpg

f0204733_12525392.jpg

交野支援学校の子どもたちとルコメラの小学校の子どもたちと何か交流ができたらと思い、送ったルコメラ小学校の子どもたちの写真と子どもたちが書いた手紙をこんなにきれいにデコレーションして 交野支援学校のバスホールに掲示して下さったとの連絡でした。
学習発表会 修学旅行と忙しい最中 貴重な時間を割いてご協力して下さった先生方に本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。 
「日本にもう届いたかな?手紙と写真見てくれているかな?」とルコメラの子どもたちと話していたので 子どもたちもこの写真を見るととっても喜ぶと思います。

そして今日 また別の贈り物が日本から届きました。
交野支援学校の先生からのお手紙、写真、DVDなど。
中でも1枚の写真に1人大笑いした私。
海を越えて空を越えて 笑いと幸せを分けてくださった先生方 本当にありがとうございました❤❤

ホリデー後 子どもたちにどのように見てもらうか また考えたいと思います。

日本の学校は今、評価の真っ最中。
ルガンダで「お疲れ様」は「ジェバレコ」
その返事は「カーレ セボ(男性に対しての場合)」か「カーレ ニャボ(女性の対しての場合)」です。

それが終わればクリスマス&お正月ですね~
日本ではイルミネーションやクリスマスソングでにぎわっていることでしょうね。
ウガンダはキリスト教徒の方が多いので、クリスマスは大変盛り上がるようです。
その反面、物要りなクリスマス 年末年始はひったくりや泥棒などの犯罪も多発すると耳にしました。
初めての体験なので なるべく大人しく任地で過ごしたいと思っています。
[PR]
by departure1212 | 2009-12-11 13:51

待ってました★

待っていました!!12月3日のイベントの日です。
ルウェロ県の公園で国中の障がい者&児団体が集まりパフォーマンスを披露する日です。

11月27日に3学期が終わったのですが、このイベントのために寮の子どもたちは1週間寮に残り、ダンスや歌の練習をしていました。

例年とは違う子どもの滞在延長に、寮の食べ物は尽きてきて・・・子どもは1日2食の生活に・・・・
日本では考えられませんが このようなNO PLANEな生活は日常茶飯事なのです・・・(涙)
そんな中でも ウガンダは気候がいいためにマンゴーやジャックフルーツがあちらこちらになり それらを食べて空腹を紛らわす子どもたちと一緒に暮らしていると
「ここはアフリカなんだな・・・」と実感する1週間でした。
そんなこんなもあり 子どもたちと私にとっては待ちに待ったイベントでした。

当日私が起きたのは5時前。井戸の水を汲む音で目が覚めて。
7時に集合だと引率の先生に聞いていたのですが、子どもたちは張り切って早起きをして水浴びをして準備をしていたのです。
私はのんびり玄関の前に座り 星空そして朝日、子どもたちのウキウキする様子を見ながら集合の7時を待ちました。

7時になりました。
子どもたちは準備ばっちり★
なのに引率の先生は待っても待っても来ず・・・来たのは1時間後・・・

そして チャーターしたというバスは・・・本当に来るのか?!
私は「今日は結局イベントには参加できなかったが オチだろうな・・」と思いかけた10時に現れたのは!!

f0204733_0534971.jpg
f0204733_057102.jpg


「これはバス?!」
「いや これは日本では動物を乗せるトラックだよね・・・・」
子どもたちは 荷台に勢いよく乗り込み!次ぐいて、私も乗り込み!
どうにか出発~!!
f0204733_145774.jpg

急速度 強風~荷台のバーにしがみつく私とは対照的に子どもは大はしゃぎ!!パフォーマンスで使う太鼓をたたいて大合唱♪本当に なんと子どもはたくましいことか・・・

会場について パフォーマンスをする子どもたちは衣装に着替え さあ舞台に☆
これが その1場面。
f0204733_0583518.jpg

その裏側で 私とパフォーマンスをしない子どもたちは何をしていたかというと・・・
f0204733_125194.jpg

サンダルバザーを開いていました★
障がい児学級の子どもたちと毎日こつこつと作ってきたサンダル❤
いくらで売ろうかと悩んでいましたが 同僚の先生や周辺の子どもたちと相談して1ペアー1000シルに決めました。
1000シルは日本円で50円。
1足作るのに5,6時間以上はかかっているので、正直もう少し高く売りたかったのですが ここは涙を飲んで、売り上げよりも量!!子どもたちの目の前で1つでもたくさん売れることを目標に決めました。

「ルクミ ルクミ サンダル~!!」
私の子どもたちは耳が聞こえない子どもたちなので 私はちょっとはずかしながらも大きな声を出して 客寄せを頑張りました。
ムズング(外国人)が片言のルガンダ語を話しているので 興味を示すお客さんは多く、こんな感じで人は集まってきました。
でも ウガンダのお客さんの財布の紐は、固い!
f0204733_105250.jpg

途中 見知らぬ女の子(ピンクのドレスの女の子)が売り子の手伝いをしてくれ その子の協力もあって 徐々に人々は買って行ってくれました。
お客さんから1000シルを受け取り、手話で「Thank you❤」を返す子どもの笑顔を見ていると クラフト指導の成果はそれなりにあったように感じました。
f0204733_141157.jpg

最終的に持って行った36足中14足のサンダルが売れました。
それまで 子どもは頑張ってサンダルを作ってきたのにイベントで売れずに 子どもたちががっかりしたらどうしようかと不安でならなかったので 本当に本当にホッとしました~✿

売上げは クラスの子どもたちの消しゴムと来学期のクラフトの材料購入に充てたいと思っています。
古布を提供して下さった同じ隊員の方々、サンダルを買って下さった地元の方々 ご協力ありがとうございました❤ 
[PR]
by departure1212 | 2009-12-11 01:09