ウガンダ ルコメラ小学校


by departure1212

ウガンダLIFE ~ お買い物

都市部は、お金を払えばなんでも物が手に入る。携帯屋さんやインターネットカフェ、カラオケなどのさまざまなサービスも受けられる。ネールサロンやサウナに行った隊員もいるぐらい。

ここで私が買ったもの
パン 1000~2000シル(日本円で50円~100円)、KREST(とてもおいしいサイダー)1000シル、ヨーグルト 1000シル、チーズ 4000シル(200円)、ハム 6000シル(300円)、 絵葉書 1000シル、日本に送る葉書に貼る切手 1200シル(日本円で60円)、ロナウジーニョのノート 1400シル(70円)、歯磨き粉 1800シル(90円)、ハンバーガーショップのシェイク3000シル(150円)、レストランのサラダ9000シル(450円)・・・

ウガンダのお金の価値を知るには、次のような計算をするとよい。
ウガンダシルの最後から2つの0を除き、5をかけた数が、日本円にほぼ値する。
ウガンダの物価は、日本とそう変わらないぐらいに感じる。カンパラが少し高く、地域はもう少し安いと聞いた。

私の一番高い買い物は、モバイルインターネットのモデムだった。これは、自分のパソコンにさすだけで、どこでもインターネットができるという品物である。都市には、インターネットカフェがあるのだが、回線が遅く1時間でメールを1つ送ることもできないほどだった。
モデムと1カ月の利用代合わせて430000シル(日本円で約2万円)。店頭に行き、お店の方に「買いたい」と言うとお店の人は「430000シルもするのよ」と。それでも「買います」といった私の言葉にお店の人は身動きを止め、言葉を詰まらせていた。
一応店頭には出しているが、ウガンダの人にとってこんなものを買う人の気が知れないといった感じなのだと思う。きっとムズング(海外の人)しか買わないものだと思う。

f0204733_431491.jpg

[PR]
by departure1212 | 2009-06-30 04:11